水曜日, 9月 06th, 2017 | Author: admin
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 富士山登頂、そして出会いの分かれ道
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
富士山登頂、そして出会いの分かれ道毎日一歩一歩、ipnetの社長Blog

4回目の富士山登山に行ってきました。

変なタイトルですが、ちゃんと意味がありますよ。

 

昨年は、台風の影響で中止となってしまいましたので、2年ぶりの富士山

 

ちょうど2年前は、元父の会社であり自分も役員だった会社の人たちを誘い、一緒に登頂しました。

 

今までの富士登山で4か所ある登山ルートのうち、吉田口、富士宮口、須走口の3ルートを制覇

 

あとは、残すところ新御殿場口のみとなりました。

 

また、来年に行くのかどうかわかりませんが、いずれ新御殿場口からの登頂も達成したいと思います。

 

今回の登山も、なかなか過酷でした。

 

当初から天候はあまりよくないということは知っていたのですが、予報は「曇り」だったので

 

何となかると思いきや、下界では曇りでも、山の上は(雲の中は)霧雨で、雨の時の

 

準備をするタイミングをミスって、結局リュックはずぶ濡れに。

 

朝4時過ぎには登頂したものの、状況的にはご来光は全く拝むことは出来ない状況でした。

 

ただ、ここでちょっとした人との出会いによっての分かれ道を見ました。

 

ツアーで登山しているいくつかのグループがいました。

 

一つ目の道は、、、

暗闇の中、ガイドさんが「せっかく登頂できたのですが、この天候ですしご来光はまず不可能だと

思います。雨も風も強いので、危険ですので少し経ったら下山しますので、トイレ以外は離れないでいてください」

という道

 

二つ目の道

ガイドさんが、せっかくなので、剣ヶ峰まで行きましょう!と。

更に上を目指してそこの残るグループと

 

自分たちの道は

二つ目とはちょっと違うけど、山小屋のオープンを待って、あたたかいカップ麵を食べてから下山しようと

その場に残りました。

 

そして、ずぶぬれになって寒い中待ちに待った山小屋がオープンし、カップ麺を食べようとしたところ

空がパッと晴れて、明るくなったので、急いで山小屋から出てみると、、、

 

なんと、ご来光が!

 

たぶん、先に下山したツアーメンバーは、このご来光は見られなかったと思います。

なにせ、すぐ下は雲でしたから。

 

せっかく苦労して登頂したのに、たまたま参加したツアーによって、ご来光を見れるのと見れないのでは

 

かなり大きな差だと思います。

 

このご来光を見たら、登頂するまでの苦労は吹っ飛びます。

 

こんなにも、人との出会いによって大きく差が出るなんて、、、と実感しました。

 

自分は、今まで数多く、分かれ道に遭遇してきましたが、、、

 

そして、間違った選択してしまったと思うことがたくさんありましたが、

 

現状を考えると、自分にとっては間違った選択はしてきていないと思います。

 

この先の人生も、人を騙すことや、裏切ることなく、人のために真摯に生きていこうと思います。

 

UPLE123株式会社

代表取締役 佐藤 史

Category: 未分類
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
Leave a Reply