Blog Archives

火曜日, 7月 04th, 2017 | Author: admin

先日の、直接対決の結果を知りたがる人が多いようですが

 

裁判とは、長いもので

 

必ずどちらかが嘘をついているのですが、「自分は嘘をついております」という

顔をして挑む人はいないもので。その化けの皮を剝がすのには、とても時間が

かかります。どうやら先方は”上手くいった”と思っているようで、表に出てこない

当事者はのん気に海外旅行に行っていたようです。

 

ということで、また進展がありましたらご報告させていただきます。

 

ところで、今や卓球は、暗いスポーツのイメージは全く無く、世界大会に至っては

ゴールデンタイムで放送される位置づけになって来ました。

男子では、北海道出身の丹羽孝希選手や、水谷準選手や、吉村真晴選手、

女子では、石川佳純選手、福原愛選手、平野美宇選手、伊藤美誠選手は

テレビでもバラエティーやスポーツ番組でも頻繁に出演する存在になっております。

 

タモリさんが、卓球を「暗い」と発言してから数十年、卓球は”暗いスポーツ”とレッテルを

貼られて、大勢の卓球選手たちは、自分のやっている、または、やっていたスポーツを

卓球を言えずにいたんじゃないかと思いますが、今や堂々と言える競技に生まれ変わりました。

 

福原愛ちゃんの功績は本当に大きいと思います。

 

そして、このタイミングで、プロ卓球リーグの立ち上げを、松下浩二さんが発表!

 

北海道には、男子が、現在世界ランク9位の 丹羽孝希選手 がいます。

女子では、あまり知られておりませんが、現在世界ランク12位の 佐藤瞳選手 がいるんです。

 

実は、まだ他にも日本代表とまではいきませんが、全日本で活躍している選手が多数おりますので

もちろん北海道にもプロチームが出来ると、盛り上がるんじゃないかと思っているのですが、

 

ただいま、北海道のプロチームの立ち上げに向けて、微力ながら自分も松下さんに協力しております。

まだ、具体的には言えませんが、スポーツ界に対しての有力者とのパイプ役を担っております。

 

自分には繋ぐことしかできませんが、もしも実現の方に向かう状況であれば、将来自分も何かしら

プロ卓球リーグに関わっていけると良いなと。また、自分がやっている児童関連事業の、子供たちにも

何かしら夢をあたえていけるのではないかと思い、取り組んでいきたいと思います。

 

やっぱり、仕事は夢がなくっちゃ楽しくありませんよね。

 

日ハム、コンサに続いて、プロ卓球チームが出来て、少しでも北海道のスポーツが盛り上がって

行くことを願って活動していきたいと思います。

水曜日, 6月 21st, 2017 | Author: admin

昨日、父が経営していた会社の代表取締役とついに直接対決

分かる人にしか分からない内容ですが、見ている人も限られているのでいいでしょ。

 

ようやく待ちに待った直接対決

 

正直、こちらとしては何も嘘をつく必要が無いので楽な対決でした

 

驚いたのは、当時関係していた金融機関の当時の支店長が、

まっすぐ前を向いて嘘をついたこと。つまりあっち側に有利な話をしたこと

 

金融庁にしばられた企業なのに、利害関係があるとそうなるんだなと、改めて驚いた

 

まぁ嘘はいつか綻びが出るので、それが企業としての判断ならしゃぁないとして

 

先方の代表者は、後半しどろもどろ。当然と言えば当然で、まるまる嘘で固めて来て

いるから、そりゃこっちの尋問では辻褄は合わなくなるわね。おそらく裁判官にもその嘘は

見抜かれていると思う。

 

予定通りの結果となり、今後のことを考えているが、そこで少し疑問が・・・

 

今の社員たちは、こんな嘘をついてまでして人を排除する経営者で不満は無いのだろうか・・・

 

俺を解任するために、全く悪いことをしていない総務部長まで解雇して(俺もだけど)、

 

更に、元の代表者つまり自分の父と関係が深かった当時の営業部長まで、パワハラという話を突然出して解雇に。

 

そして、そのでっち上げ話をつくるために、こそこそと数か月かかって俺を解任するための作戦会議を

 

していた役員たち。いまは取締役になったのもいる。

 

そんな、経営者たちの基で働くことになんの不信感も抱かないのだろうか。

 

自分は社員が自由な意見を言えて、主体性を高めた社内環境づくりをしていきたかった。

 

技術屋さんは、もっともっと大きな仕事を経験させてあげたいと思っていた。

 

グローバルな仕事を。そのために経営者は何をしていけばよいか、色々プランも人脈もあった。

 

でも今の経営陣は、役人の天下り会社にしようとしている。

 

何もプランは無い。むしろ天下りが増えている。

 

まぁ確かに天下りが最も嫌いだった俺だから、必死で排除したかったんだろうな。笑

 

本当のところはどう思っているんだろう。こそっとでも良いから誰か俺にアクションして欲しい。

 

携帯が分からなければ会社に電話してくれても構わない。本当のところを知りたい。

 

しかし、あんな嘘をつくような人間に成り下がってしまうとは。

 

何よりそれが一番残念。

 

技術屋としてずっと真面目に仕事をして来たのに。

 

自分を守るために部下を犠牲にして、犠牲というか悪人に仕立て上げて

 

実はこの人、父の計らいで息子まで会社に入れてもらっている。

 

どこで、どういう風にそうなったんだろう。

 

久々に会ったけど、やはり顔つきが変わっていた。

 

人はその時の状況で顔が変わる。まさにその顔になっていた。

 

いったいどうなることやら。

Category: お仕事  | Leave a Comment
金曜日, 5月 26th, 2017 | Author: admin

沈黙を守っていたが

 

いよいよ直接対決の日が近付いてきた

 

ようやく、真実を明確にすることが出来る。

 

嘘も、黒幕も、全て

 

あんなに苦しい、そして、許せない裏切り行為を経験するとは

 

父も、待ちわびていたと思う

 

嘘をついて、関係のない人まで追い出して、そんなのがまかり通る訳がない

 

自分の取柄は「あきらめない」こと

 

まだ、何一つ諦めていない

 

必ず真実を明確にして、前に進んでいく

金曜日, 4月 14th, 2017 | Author: admin

昨日の札幌は車に数センチ積もるほどの雪が降った。

 

そして今日は雲一つない快晴

 

自分の机から撮ってみたので、逆光で暗いけど、実際はかなり明るくて暖かい。

 

新年度になり、新規のご依頼も来始めたので、机に向かう時間が増えている。

 

先日、とても自分に響くことを言ってくれた人がいた。

 

その日から、その言葉を自分に言い聞かせている。

 

自分のいけないところをズバッと指摘してくれた。

 

正直、あちゃぁ言われちゃった~と思ったけど、嬉しかった。

 

なんか、自分で抑えていたような、あえて知らないふりをしようとしていた部分だったので

 

パッと花が開くように、よし、意識しよう!と思えた。

 

自分自身も新たに一歩前に進んだような気持になった。変わらなくちゃ!

 

俺にも来春だな。

 

そういうことを言ってくれる人って本当に大切だと思う。心から感謝しなきゃね。

 

そして、来月、待ちに待った真実を証明する日が来る。

 

結果を見て、本当の真実を知って、今まで黙っていた人たちも立ち上がって欲しいな。

 

そして、力を合わせて素晴らしいものをつくっていこうと願うんだ。

 

やらなきゃいけないんだ!

 

社交辞令なんかいらないんだ。

 

その古くからの仲間たちと、北海道No1への挑戦が出来ることを願っている。

 

北海道の春と共に、自分の中の固い雪が解ける日が来たようで、気持ちが晴れやかになってきた。

 

2年前に始めた新規事業も順調に成長してきている。

 

札幌の満開の桜と共に、2017年度のスタートをきるぜ!

 

新たな仲間たちと共に、自分が目標としている日本一の企業にする夢へ向かって、ようやくスタート。

 

 

Category: 雑談  | Leave a Comment
水曜日, 4月 12th, 2017 | Author: admin

真央ちゃんの引退決断

 

今年一番ショックであり、そしてなんとなくホッとしたニュースでした。

 

全く関係ない人なのに、うるっときました。

 

何度かお会いして、銀メダルを見せてもらったり、一緒に写真を撮ってもらったり

 

真央ちゃん今日の記者会見の締めの挨拶では、感極まって泣きそうになっていましたが

 

真央ちゃんらしく笑って終わらせたかったんでしょうね。

 

一度後ろを向いて、笑顔で振り向いて挨拶しておりましたね。

 

正直こっちの方が泣けてきました。

 

今後は、スケート連盟から離れてしまうので、そばでお会いする機会は

 

ほぼ無いと思うけど、いつかどこかでお会いした時に、スケート連盟のホームページの会社の人で

 

いつも表彰式の時にお土産持って来ていた人ですよ。と、話せる時が有ると良いなと

 

真央ちゃんのスポンサーになれるくらい会社を成長させることを目指して、頑張っていきたいと思います。

 

真央ちゃん本当にお疲れ様でした。そしてたくさんの感動をありがとう。